保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

保健師の求人探し最短ルート!

保健師の求人は絶対数が少ない上に、人気の募集案件ともなると応募がすぐに終了してしまい、欲しい求人ほど手に入れるのが難しくなっています。

 

そこで利用したいのが『保健師向けの転職サイト』。国内の保健師求人案件のほぼすべてをカバーしている求人媒体です。簡単な無料登録を済ませると、非公開求人を含めた求人の検索・紹介、履歴書添削・面接練習(希望者のみ)などのすべてのサービスを無料で利用することができます。

 

転職の予定がない方も登録することができるので、本格的な転職活動だけではなく情報収集にも活用することができます。

 

近年連続で利用者満足度ランキングで1位を獲得している看護師・保健師向けの転職サイト。

 

全国約10万件の施設情報を扱っており、新しい求人が出たらいち早く紹介できるのが強みです。病院や健診機関といった一般的な求人だけではなく、産業保健師や学校保健師といったレア求人も見つかる可能性があります。

人材紹介企業の大手マイナビグループが運営する看護職向け転職サイト。

 

求人先の調査を行い、優良求人のみを厳選して紹介するという方針で運営されているのが特徴です。利用者満足度90%以上の高評価を受けています。

IT系の人材紹介でも有名なレバレジーズが運営する看護職転職サイト。

 

一般企業とのネットワークがある人材紹介会社が運営しているので、企業系の保健師求人などの希少案件が見つかる可能性が高くなっています。

 

 

「転職は未定だけど、どんな求人があるか見てみたい」という方は、まずは求人数が最も充実しているナースではたらこへの登録がおすすめです。

 

しかし、本腰を入れて転職活動を行う方や希望の働き方が決まっている方は、求人の比較ができるように複数の転職サイトを利用することをおすすめします。

保健師向けの転職サイトといっても運営の方針は様々です。そのため扱っている求人や特別に力を入れている雇用形態がそれぞれ異なります。

 

希望の転職先が決まっている方もそうでない方もそういった点に注目して、希望の求人が見つかりやすいように、また転職先の可能性が広がるように転職サイトを選ぶようにしましょう。

⇒転職サイト早見表 ※求人別5段階評価

転職サイト 産業保健師 学校保健師 行政機関 介護・老人施設 治験・医療機器 保育園 病院・健診機関 単発 短期
ナースではたらこ
マイナビ看護師
看護のお仕事

 

チェックしておきたい保健師の募集情報一覧

企業保健師

一般企業で働く産業保健師として働く場合、企業の医務室で社員の方の健康管理や健康指導などが基本となります。こちらも企業によって様々ですが、基本的には社員の方と同じ勤務時間となるため、基本的に夜勤勤務はなく、日勤のみ土日休みの魅力的な仕事です。

 

また、あまり知られていませんが、治験関連企業で働く治験コーディネーターや臨床開発モニター、医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストも保健師の資格を活かして働いている方が多い職種です。

病院

健康管理センターでの健診の指導や患者さんの健診指導、介護サービスを行っている病院での訪問看護など、病院で働く保健師といっても様々な働き方があります。

行政機関

県職員としての保健所勤務や市町村職員としての行政機関勤務の仕事は、保健師の定番の勤務先の1つです。

 

採用枠が少ないので、正職員の募集にこだわらず、臨時職員からの正職員登用を狙っていくのも効果的な方法です。

保育園

学校の保健室

児童の健康管理に携わる仕事も保健師さんに人気の求人の1つです。

 

産業保健師と同様に手に入りにくい求人なので、なかなか選り好みは出来ないという現状もありますが、保育園も学校も運営方針によって保健師に求める役割が変わってくるので、転職活動ではしっかりとした情報収集が必要になりそうです。

介護・老人施設

近年では、介護・老人施設で働く保健師の方も増えてきています。

 

保健師の資格を活かすためには、介護業務なし・健康管理専従という形での採用が好ましいのではないでしょうか。施設によって看護職員に求める役割が違うので、注意しましょう。

健診機関

健診センターや人間ドックの専門機関に勤務の仕事は、保健師の方に根強い人気があります。

 

体力的に働きやすい上に、保健師としての基本的な知識・経験が活かしやすいというのが人気の理由のようです。


こんな転職支援サービスに注意!

 

⇒ダメな転職支援サービスの特徴

  1. 保健師資格が活かせない看護師の求人ばかり薦めてくる
  2. アドバイザーが不親切・無知識
  3. 必要なときに連絡が取れない

保健師の求人を扱っている転職サイト・転職支援サービスは数多くありますが、『求人数が少なかったり、看護師については詳しいけど保健師の仕事への理解がない転職サイト』を利用すると、こういったことになってしまいます。

 

最近になって転職支援を始めたばかりの知名度が低い転職サイトにはこのような傾向のところが多いので注意が必要です。

 

保健師求人.comでは、『厚生労働大臣認可・プライバシマーク取得・大手人材紹介会社が運営』という最低条件を満たした転職サイトのみをランキング掲載の対象にしています。どの転職サイトも安心して利用できるので、ぜひ気軽に登録してみて下さい。

 

保健師求人.com 運営一同


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師