病院 保健師 求人

病院の保健師として働こう! | 保健師求人.com

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

病院の保健師求人を探すときの注意点

病院の保健師求人探しで失敗する理由は主に2つです。

 

1.保健師の独立業務専従の求人がとても少なくて見つからない
2.無事採用され働き出しても、気づいたら看護師としての仕事ばかりさせられていた

病院に保健師として勤務する場合、併設された健診センターや健康管理室への配属を希望する方が多いと思います。

 

上記の失敗例を見てみると、看護師と同じ求人先というのが、病院保健師の求人探しを難しくしている1つの要因になっているのが分かります。

病院の保健師求人探しに必要なのは「求人+職場に関する情報」

保健師の独立業務がある病院の求人を手に入れ、さらに職場に関する情報も集めて入職後のミスマッチを起こさないためには、転職サイトを活用していくことが必要不可欠になります。

 

マイナビ看護師のような「求人数だけではなく求人先に関する情報量が多い転職サイト」を上手に活用していきましょう。

 

病院で働く保健師の仕事内容

病院に勤務する保健師の仕事は多岐に渡ります。総合病院の場合は診療科目も多いので、子供から大人まで、さらには高齢者の健康管理を維持するために仕事をします。

 

保健所や地方自治体の保健師ならば役割の幅が狭いので1つのことに集中することができますが、総合病院の勤務となると様々な仕事をこなしていかなければいけません。

 

病院での保健師の仕事は病気にならないための健康指導が主な仕事になります。健診センターが付属している病院ならば健康診断の際の病気を予防するためのアドバイス、小児科がある病院ならば予防注射の際のアドバイス、訪問看護をしている病院ならば実際に訪問して健康指導をすることもあります。このように総合病院にある診療科目によって保健師としての仕事も変わってきます。

 

入院している患者への健康管理や保健の指導など看護師とは違う視点でアドバイスをしながら、今後さらに病気にならないように病気を予防していくのが病院で働く保健師の仕事になります。

 

総合病院で働く保健師は看護師が忙しいときは看護業務もこなしていかなければいけない場面も出てきます。保健師としての業務がない場合は看護師の仕事のほうが多くなることもあります。

 

健診センターなどのクリニック、保健所、行政の保健課などと違って総合病院では看護師と同じ仕事をする機会もあるので、こんなはずではなかったと思って病院を退職してしまう人も多いようです。

 

病院で看護師として働く場合日勤のみ週末休みの職場が多いようです。平日日勤のみの仕事になりますが、残務などがあれば残業をしなければいけません。

 

特定の診療科目に配属になった場合は夜勤をすることもあります。24時間体制で保健師として仕事をするというよりも看護師的な役割も果たしていかないといけないので、保健師と並行で看護師の仕事もしなければいけません。

 

保健師というと、保健所や行政で働くイメージがあるかもしれませんが、病院でも保健師の役割が高まっている傾向にあり今後も活躍できる場が増えてくることが予想されます。

 

【関連記事】病院で働く保健師の給料

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師