英語 保健師 求人

英語力を活かして働こう! | 保健師求人.com

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

英語力を活かして働ける保健師求人をお探しの方へ

近年保健師の企業への進出が目立ってきています。多くの企業が社員の健康問題に多大な関心を持っていて、専門家の立場から健康問題に取り組める保健師を必要としているのです。一口に企業といってもいろいろですが、中には英語力が必要になる企業もあります。保健師にとって英語力が活かせる職場とはどんなものなのでしょうか。外資系企業、製薬メーカー、英語教育を行なっている保育園などが該当すると思います。

 

企業保健師

英語力を活かした保健師の企業勤務には、外資系企業で産業保健師として働くという選択肢以外にも、健康管理以外の仕事に就くという選択もあります。

 

製薬メーカーをサポートするCROでは、薬に関する資格がない方々も多く働いています。臨床試験のデータなどを整理し、統計的に分析・解析を行うDM(データマネージメント)、治験に関わるCRA(臨床開発モニター)などは英語力が必要であり、求人でも「語学力が必須」という場合がほとんどです。薬を開発する職種ではありませんが、英語力があって事務的能力に長けている、あるいは人の間に立って管理・サポートをしていくのが好きな保健師は、このような職種に就いているケースもありますよ。

 

臨床開発モニターなどは高収入と言われていますが、直接新薬の開発には関わりません。しかし、治験という重要な臨床試験に関わっていきますので、臨床開発モニターとして働く多くの保健師は「新薬の一端を担った上で、収入も良い!」ととても魅力を感じているようです。

 

また、外資系企業の多い医療機器メーカーでも英語力を必要とするフィールドナースという職種があります。自社製品を医療機関などに売り込むという営業的な側面もありますが、医療機器の説明書は基本的に英語です。フィールドナースとして働く保健師は、「キャリアウーマン的に活発に仕事ができる」「語学力で医療に貢献できる!」とやりがいを感じているようです。

 

 

インターナショナルスクール・保育園

英語教育を行なっている保育園や学校に勤務する保健師の方々もいるようですね。こういった保育園や学校は、グローバル化な時代にあって、英語の早期教育の必要性を強く認識しています。勤務する保健師は、子供たちとのコミュニケーションでも自身の英語力を大いに活かすことができます。子供の保健指導などが本分ですが、「ちょっとした英語で子供たちと会話するのがとても楽しい」と保健師の方々は語っています。楽しくてしょうがないという保健師が多いようですね。

 

全てではありませんが、英語力を必要とする職種は総じて高収入になるケースが多いようです。日本では、誰でも英語をぺらぺら話せるというわけではありません。仕事上英語力が必要な場合、収入や待遇が好条件になるのは当然のことなのかもしれませんね。働く者にとって、自分の持っている能力を職場で活かせることが何よりも重要であり、これこそが最大の魅力であり、仕事のやりがいにもつながっていくのだと思います。

 

英語力が必要になる保健師の募集は数多くありますので、語学力に自信のある保健師はこのような求人にも注目してみるのもいいのではないでしょうか。

 

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師