ブランクがある保健師の復職成功の秘訣とは?

ブランクがある保健師の復職成功の秘訣とは?

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

ブランクがある保健師の復職成功の秘訣とは?

保健師も看護師と同じく女性が多くなっていることから、産休や子育てで仕事から一時的に遠ざかってしまう人も多くなっています。しかし、不景気な時代が長引いていることもあり、せっかく苦労して保健師の資格を取得したのだから、また保健師の仕事をしたいと考えている人もいると思いますが、やはりブランクが空いてしまうと、復職するのに多少躊躇してしまう人もいるでしょう。

 

保健師向けの転職サイトを利用して復職先を探そう!

どのような方法で復職活動を進めるかというのが重要になってきます。最もおすすめの方法は、保健師向けの転職サイトを利用することです。

 

保健師向けの転職サイトであれば、求人も保健師に特化している場合も多いですし、登録することで色々なサポートを受けることも可能になるのですが、このようなメリットを最大限に活かせれば、ブランクがあってもかなり高い確率で復職できます。

 

また、保健師向けの復職セミナーを開催していることもあるので、不安な人は復職活動と平行してセミナーに参加することも可能になります。

どんな職場が復職に向いているの?

更に保健師が勤務する職場を大きく分類すると、公務員として働く行政保健師、学校で働く学校保健師、民間企業で働く産業保健師、医療機関で働く病院保健師に分けられるのですが、基本的に保健師の資格を取得して最初に勤務するような職場が復職する時には向いていると言えるでしょう。

 

なぜなら研修期間がしっかり整っているからなのですが、ブランクが短い人で経験も十分あれば、どのような職場でも採用してもらえます。

 

●復職に適している求人の例
勤務施設:総合病院
雇用形態:常勤
勤務時間:8時30分から17時30分
休日:日、祝、年末年始
給与:月給22万円以上、(経験能力によって考慮)
応募条件:保健師資格保有者、未経験者やブランクの長い人も歓迎

 

給料は経験や能力を考慮してくれる場合が多いので、サラリーマンのように初任給が最も低い状態になることも少ないですし、未経験者やブランクの長い人も歓迎と書かれていれば、研修もしっかりと受けることができるので安心できるでしょう。

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師