行政保健師 求人

行政保健師になろう! | 保健師求人.com

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

行政保健師の求人・募集の見つけ方

行政保健師になるには、保健師資格の他に公務員採用試験に合格しなければなりません。「公務員」なので安定もあり、土日は休み、育児休暇もとりやすいといった魅力があり、人気の職種です。

 

実際、保健師として働く方の約6割が行政保健師です。行政保健師は、保健所保健師と市町村保健師に分けられ、それぞれ勤務する施設、業務内容が異なります。

 

行政保健師の正職員・臨時職員の採用情報入手にも、保健師向けの転職サイトが力を発揮してくれます。

 

求人紹介のスピードや採用対策に関するサポートはもちろん、産業保健師や学校保健師といった人気の求人と行政保健師の求人を同時に探していけるというメリットもあります。

 

転職サイトの選び方はトップページを参考にしてみて下さい。

保健所保健師の仕事

保健所で働く保健師は病院やクリニックでの仕事内容と異なり、地域の人の健康管理や保健指導をして地域住民の健康の促進をするお仕事になります。

 

病院やクリニックでは患者を相手に健康管理や保健の指導をするのが主な仕事になりますが、地域の人を相手に仕事をしていかないといけないので、老若男女関係なく健康のアドバイスをしていかないといけないので、経験、知識、スキルが求められます。

 

また、各保健所ではこころの病に関する相談会やHIV、肝炎ウイルス、骨髄バンク登録などの相談、検査、登録なども保健所で行うので来られた方への対応、相談、アドバイスから先生の介助なども保健師の仕事になります。この他にも保健所での健康セミナーや赤ちゃんの健診の対応や相談・アドバイス、また保健所には健康関する相談などの電話もかかってくるのでその電話も対応しなければいけません。

 

保健所に勤務する看護師は家庭を訪問する機会も珍しくありません。高齢の方から相談を受けることもありますし、認知症予防のためのアドバイスも保健師の仕事になります。また保健所では動物に関する対応もしなければいけないのでここでも保健師の知識や経験が役立ちます。特に狂犬病などへの対応や動物が原因のアレルギー対策などの相談や指導なども重要な任務になります。

 

保健所で働く保健師の勤務体系は公務員と同じ勤務時間、休日になるので土日、祝日休みになります。保健師の仕事の他にも事務的作業も多く、残業も多いので帰りが遅くなってしまうこともあります。病院やクリニックで働くよりも公務員として働くので、給料や休日数などを見ても安定していると言えます。

 

保健所での勤務は病院やクリニックとりも簡単と思っている保健師も多いかもしれませんが、実際の保健所での業務は幅広くこなしていかないといけないので、公務員としての魅力もあるかもしれませんが大変な部分も多い職場になります。

市町村保健師の仕事

市町村保健師は、市町村の保健センターや高齢化福祉課などに勤務し、健康相談や保健指導など地域住民に身近な保健業務を行います。近年では、児童虐待や男女共同参画、職員へのメンタルヘルス教育など、業務の幅も広がってきています。

保健センターで働く保健師

市町村保健センターは県が管理している保健所と異なり、市町村で管理していてより地域に根ざした機関になっています。保健センターでの保健師の仕事は地域住民の健康管理、赤ちゃんとお母さんの母子保健管理、老人保健管理などが主な保健師の役割になっています。地域住民の健康を維持するために健康相談や健康活動、保健活動など健康作りのために活動をしていきます。

 

活動内容は幅広く、中高年に多い生活習慣病、成人病、メタボリックシンドロームなどの予防、改善、アドバイスをしたり、乳幼児の健康診査、定期健診から母子保健のアドバイスや指導を行うもの保健師の仕事です。また高齢の方にへの健康の相談、アドバイス、指導なども行い、病院への入院や介護施設などへ入院や入居する際のアドバイスなども行います。この他にも歯科予防や保健推進、エイズ・性病・伝染病などの予防対策、こころの病(精神病)を持っている住民への対応なども市町村保健センター保健センターに勤務する保健師の仕事になります。

 

保健センターで働く保健師の業務は事務的な仕事も多く、地域住民の健康がどのような状態なのかをまとめる資料の作成や市町村が発行する健康便りの作成などの事務的作業も多いです。また地域の衛生面も管理しなければいけないので、下水道や不法な廃棄物などの監視や処理、衛生面の検査や試験などの仕事も保健師の仕事になります。

 

保健センターで働く保健師は公務員の扱いなので、土日、祝日休み日勤のみになります。土日、祝日が休みなので休日は安定していますが、事務的な作業が多いので残業が多いです。もちろん残業代は支給されるので、残業すれば支給される給料も高くなります。

 

保健センターで働く保健師の業務は住民へのアドバイスや相談を受ける仕事の他にも様々な業務をこなしていかないといけないので、病院などに勤務する保健師とは異なる部分が多いです。

高齢者福祉課で働く保健師

高齢者福祉課で働く保健師は市町村保健センターで働く保健師と同じ行政保健師として、地域の高齢者の方の健康を促進させる業務を行っていきます。高齢者福祉課で働く保健師の主な業務は、地域の高齢の方が安心して高齢者福祉や介護福祉を受けられるように保健師の立場から指導やアドバイスをしていきます。

 

日本では少子高齢化社会になり介護施設やデイサービス、老人介護保健施設などの設立が急務となっています。大都市圏では民間企業の参入などで施設の数は足りていますが、地方の小規模な市町村になると介護施設やデイサービス、老人介護保健施設が不足している傾向にあり、行政が率先して施設を新しく作っていく計画を立てなければいけません。
そこで保健師の立場から高齢者の方がどのような施設を望んでいるのかを調査して施設作りに反映させるのも高齢者福祉課で働く保健師の重要な仕事になります。
また地域にある老人介護施設や老人介護保健施設などを訪問して入居者の健康管理の状態や施設の衛生管理、入居者の家族のご意見などを聞き取って改善しないといけないところがあれば改善するのも保健師の仕事になります。

 

介護施設に専属の保健師がいればその保健師に行政としてのアドバイスなどを行い、保健師がいない場合はその施設に入居している入居者の健康管理やアドバイス、相談などをし、施設内で入居者が健康に過ごせるように健康を維持する活動を行うのも高齢者福祉課で働く保健師の仕事です。さらに施設内での集団感染症の予防や施設内の衛生面の状態の把握や改善、強化させて感染症を予防するのも保健師の重要な仕事になります。

 

高齢者福祉課で働く保健師の勤務体系は一般の公務員と同じで日勤のみの土日、祝日休みになります。行政保健師の業務は事務作業も多いので外回りから帰ってきてその後に事務作業となると残業になってしまうこともあります。仕事内容はハードな部分もありますが、地域の高齢者が長生きするために働く保健師の仕事はやりがいがある仕事です。

 

【参考】地域包括支援センターで働く保健師

行政保健師の給料

保健師においては、複数の種類があります。その中でも「行政保健師」の扱いとは最上級であり、やりがいの感じる仕事と言えるでしょう。では、行政保健師の年収とは、一体どのくらいとしているのでしょうか。行政保健師の年収とは、公務員扱いということもありますが、その職歴や年齢によっても異なってきます。自治体の公務員の給料には、計算方法があることをご存知でしょうか。年齢給に職歴加算という計算方式が採用される場合が一般的としているのです。具体的に言うと、同期で入社したとしても、年齢が高い方が給料が良いということになります。公務員であり、年功序列という考え方という予想範囲のパターンとなります。そのようなことを一切考えずに、新卒で入社したとして、行政保健師の初任給は、23万円前後と言われています。そうなると、年収の方は、約500万円程度となることでしょう。更にこれを時給換算すると、約1000円〜1200円程度なります。これのみを考えた際には、産業保健師や学校保健師の方が待遇が良いと思ってしまいやすいものです。

 

ですが、行政保健師は公務員です。昇給に対しては高待遇という強みがあることでしょう。一定以上の幅で昇給していくことがほとんどと言われています。また、ボーナスに関しても夏も冬も2ヶ月以上は支給されるということが利点となります。非常に安定した年収が約束されているということになるのです。月給のみを考慮した際には、他の保健師の方が良いということになりますが、総合的に捉えた際には、何と言っても、行政保健師の待遇の良さが最上級となること間違いないのです。このような点も含め、行政保健師を目指す人が増加傾向にあると言われています。その道は狭き門ということが言えるようです。定期的に採用をおこなっているのは、年に1度とされています。また、臨時職員などの募集は随時あるようですが、常にあるわけではないので、日頃のチェックが必要となります。

 

【参考】
保健所保健師の給料 市町村保健師の給料

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師