地域包括支援センター 保健師 求人

地域包括支援センターの仕事 | 保健師求人.com

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

地域包括支援センターで働く保健師

地域包括支援センターで働く保健師というのは、病気の予防や健康管理のスペシャリストとしての役目もあります。とくに高齢者の場合は抵抗力が弱いことからも、感染症のリスクが高いと言えます。インフルエンザの予防などの指導も行っていくことになるでしょう。自宅で家族と一緒に暮らしている人や1人暮らしの人のなかには、介護認定を受けていない人もいます。そういった人の存在を見逃さないようにして支援を行っていくことも重要です

 

地域包括支援センターとは?

地域包括支援センターというのは、高齢者が自分の住んでいる地域のなかで健康で安全に暮らしていけるように手助けをする機関になります。保健師やケアマネージャーなどが中心となって、介護予防計画やケアプランを立てていくことになります。介護保険の枠組みだけでなく、福祉や健康、医療といった総合的な支援を行うために設立されたものだと考えていいでしょう。市町村単位や、さらに小さく区分けした地域を管轄していくことになります。

 

そして、地域包括支援センターの仕事内容としては、その地域における総合相談窓口となっています。高齢者の介護についてだけでなく、その家族の悩みや心配事の相談も受け付けています。介護以外の医療や福祉に関することまで、どんな話題でも相談できるようになっています。そして、要支援1と要支援2の認定を受けた高齢者に対しては、将来的に介護が必要にならないようにするために、介護予防ケアという取り組みを積極的に勧めているのです。

 

そういった地域包括支援センターのなかでは、高齢者の権利を守るための活動もしています。とくに虐待などが社会問題となっていることから、高齢者が安心して暮らせるようにサポートを行っているのです。さらに、成年後見制度の紹介などを通して消費者被害対応などにも積極的にかかわっていく役目があります。全体的な役割としては、地域の社会資源を効果的に活用していくということも大切な仕事になっていると言えるでしょう。

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師