保育園 保健師

保育園で働く保健師になろう! | 保健師求人.com

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

保育園・幼稚園の保健師求人探し

保育園・幼稚園で働く保健師の仕事は子供好きの方に人気の職場です。

 

園児の健康管理だけではなく、保育士と協力して園内行事を企画・運営を行うやりがいのある仕事です。雇用形態としては常勤雇用に比べて紹介予定派遣やパートとしての採用が多いようです。

 

保育園・幼稚園の保健師求人は、行政保健師や健診センターといった一般的な保健師の勤務先に比べて求人自体が少ないため、希望の地域・条件で求人を見つけるためには転職サイトを活用するのがもっとも効率的です。

 

さらに、マイナビ看護師のような医療施設以外からも認知度が高い転職サイトを選ぶのがポイントです。

保育園で働く保健師

保育園・幼稚園で働く保健師の仕事内容

近年においては、小さな子供を預かる保育園や幼稚園などの施設において、看護師や保健師が常勤しているところが多いと言われています。より良い環境で子どもが育っていくためには、保健の知識が必要となるのです。そのようなニーズに応じて、保育施設内において、専門家が配置されることに至ったと予想されます。

 

では、保育園や幼稚園で働く看護師や保健師の仕事とは、どのような内容でしょうか。乳児の検温や健康観察、また、幼児の怪我の手当などが基本的な毎日の仕事となります。園児の健康を見守りながら、接しておくことによって、些細な異常などにも気付いたりするものです。その場、その場の対応策を考慮し、適切に判断して、処置をしていくことが求められることでしょう。他にも、風邪に関する予防や保健便りなどの発行なども、仕事内容は様々となります。

 

何より、子どもが好きであることが重要なポイントとなることでしょう。+αの経験を活かした仕事となれば、やりがいも十分に感じられます。子どもの体調の異変に対して、いち早く察知することができるのは、知識を備えたプロならではの実務と感覚にあるのです。その要素の中には、常に子どもと接し、子どもに注意を向けることのできる意識が重要となることでしょう。子どもと接することは、苦手意識があっては可能としないものです。いかに子どもに対する目を養うことができるかは、子どもの目線となって見ることができるか否かにあることです。

 

それらを踏まえた上で、保健師のプロとして、専門の知識を発揮してみては如何でしょうか。保育園や幼稚園にとっては、若しくは、子どもを預ける保護者にとって、専門の保険職が常勤しているということは、非常に安心感が生じることです。保育施設において、保険教育の発信をするのみだけでなく、保護者から園児の健康に関する相談を受けることも多いことでしょう。雇用形態は様々となりますが、やりがいのある仕事です。

 

保育園で働く保健師の給料

幼稚園、又は、保育園で働く、看護師や保健師の「給料や年収」とは一体どのくらいなのでしょうか。給料や年収の相場は仕事に就く上で関心の高まる要素のひとつでもあります。

 

当然、勤務する雇用形態や保育施設の規模などによっても異なることですが、正社員としての勤務であれな、平均月収は25万円と言われています。パートや派遣とした際には、時給目安として、約1500円程とされているようです。医療機関のように注射などの医療行為がない分、給料は若干少なめというイメージが強いことでしょう。

 

保育園や幼稚園での人件費というものは、国によって定められ、その負担金が充てられているために、雇用に対する待遇という点のみを考えた際には、給料にはバラつきも見られています。年収とした際には、約280万円〜400万円というところでしょう。ですが、特に幼稚園、又は、保育園で働くことの意味とメリットとやりがいというものは、単に給料に留まることではないはずです。

 

いかに自分の自己尊厳性に応じ、子どもと接し、やりがいを感じられることかということに、この資格の意味があることではないでしょうか。そして、保護者においても、保育士においても必要な存在して、求められているのです。求められて仕事ができるということがどれだけ幸せであることかに意識を向ける必要があります。仕事に就く際には、予め、給料等の対する提示かあることでしょう。「このくらいの予算で人件費を補っていますが、従事してはいただけないでしょうか。」というような依頼の仕方となるはずです。これらの分野で保健師の存在は期待されている活躍の場となることです。専門スキルを活かしながら、職場の場が広がっていくことは間違いのないことでしょう。

 

実務経験をこなし、自分のライフスタイルにおうじて、職場の選択肢も増えることとなります。女性にとって、このような魅力ある職場で、子どもと接しながらのスキルを活かしてみては如何でしょうか。

保育士と保健師の連携

 

「保育士」という職業も「保健師」という職業も、子どもが好きであれば、どちらも素晴らしくやりがいの得られる仕事です。保護者から子どもを預かり、両親に代わって保育をするのが、保育士の主な仕事となります。”子供が好き”というだけでは、もしかしたら可能としない職種であるかもしれません。それほどに、体力や行動力や責任感が必要とされる仕事となります。

 

保育士の仕事をする上で、保有していれば有利とされる資格が、幼稚園教諭免許状・小学校教諭免許状・養護教諭免許状などです。これらの免許を持ち、保育に欠ける乳幼児を、情緒の安定を図りながら、育成していくのが保育士の役割となります。基本的な役割となるのが、「健康な状態で子供を預かる」ということになるのです。そこで、保健師の助けが必要となるわけです。

 

幼児などを預かる保育の場において、専門知識を有した保健師は必要な存在となります。ですから、保育士と保健師の役割というものは、根本的に違うというよりは、むしろ、共有して備えていくべきものと考えられることでしょう。

 

足りないところは補いつつも、常に共有した意識を持つことで、子どもに対するベクトルが重なりあうことでしょう。異なる資格をお互いが持ちながらも、その目指す点は同様という部分に統合を感じることでしょう。お互いが、お互いの仕事に対して尊重しあい、助け合うことによって、保護者においても、お互いの仕事に対しても不安なく取り組めるものなのです。その意味を噛みしめた上で、コミュニュケーションとは一体何か、を再度考えていく必要があると言えるのです。

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師