保健師 求人 福島

福島県で探す理想の職場 | 保健師求人.com

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

福島県の保健師求人の特徴・傾向

かつて福島といえば、桃などの果樹栽培や独自のブランドの米で強い農業力を持つ県として知られていました。しかし東日本震災による津波被害と、何より福島第一原発事故の影響は大きく、今後の福島県がどのような経済・産業構造になっていくかまだ誰にもわからない部分が多く存在しています。

 

福島県は山脈・山地に隔てられた大きく3つの地域がそれぞれの都市圏として繁栄しています。まず最も東側で海に面する「浜通り」、奥羽山脈と阿武隈山地に挟まれた「中通り」、そして奥羽山脈と越後山脈に挟まれて日本海側に位置する「会津」です。県庁所在地の福島市は「中通り」に属しており、郡山市と合わせて最大の都市圏を形成していますが、単体の都市人口では浜通りのいわき市がトップとなっています。(震災前の統計)一方、人口では十数万人と少なめの会津若松市は、観光業が盛んであるため、活動人口という点では割増して考える必要があります。東京電力の原発が置かれていたことからもわかるように、広い定義での関東圏に入ると考える人が多く、県東、県南では首都圏に通勤している人もいるそうです。

 

そうした地勢上の影響を受けて、福島県の保健師求人は先に挙げた3地方に分散して出されている傾向があります。まず、病院の保健師募集は大体人口比率に即しつつ、いわき市・福島市・郡山市・会津若松市にそれぞれ分散しています。地方公務員となる行政保健師は特に場所を問わず出ているようですが、どちらかと言うと会津地方の中小町村からの募集が多いようです。他の東北地方で多く見られた特定保健指導員の求人募集は、福島県において浜通り・中通りではあまり募集が見られず、これも会津地方に集中しています。おそらくはこの地方に山村などが多いためと予想されます。

 

現在の福島県を特徴付ける保健師募集としては、「被災地支援保健師募集」という求人を外すことが出来ないでしょう。原発被害を強く受けた南相馬市での募集ですが、業務内容は「(避難者)一時帰宅のための中継地点待機」という他では見ない内容となっています。

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師