介護施設 保健師

介護施設で働く保健師になろう! | 保健師求人.com

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

老人ホームなどの介護施設で働く保健師とは

現在日本では、本格的な高齢化社会を迎えています。高齢者に対する施設も、老人ホームや介護老人保健施設・特別擁護老人ホームなどから、デイサービスやショートステイにいたるまで規模の大小に関わらず、増加し続けています。

 

病院のように急な処置が必要であったり、特別な医療技術が必要になることはそれほど多くはありませんが、高齢者ばかりの施設になるので慢性疾患や持病を把握し、利用者の健康管理をすることが重大な仕事になってきます。また、施設では集団での生活をしたり活動をすることが多いため、一人一人の健康管理も大切ですが施設全体の衛生管理も大切です。一人が感染症にかかってしまい、集団感染するという可能性もあるので完全な感染症対策も求められます。またこういった衛生管理・健康管理・看護介助業務のほかにも、利用者に遊びやゲームを通して体を適度に動かしてもらい運動機能を維持させるといった役割もあります。

 

このような施設に医師が常勤していることがありませんので、診察や医療処置をできる保健師がいることで、利用者が老後をより安心に健康に過ごせるようになります。

 

また、施設によっては仕事内容が大きく異なる場合があるようです。「保健師としての資格をとったのだから、保健師として活躍したいわ。」そう思って、保健師資格を持ったスタッフを募集している施設にいったものの、実際には看護士としての業務を中心に任せられたりすることは、こういった施設では少なくありません。

 

募集をかけている施設側の理由は「保健師のほうが、高齢者の生活を広い視野から考えられるから。」だそうです。しかし保健師としての資格を活かしたい方は、そういった施設を選んでしまってからでは困りますよね。なので、あらかじめ仕事内容についてよく確認しておくことをおすすめします。
そうでない方も、保健師の資格を持っていることで待遇をよくしてもらえることもあるので、事前に話し合いを行い交渉してみるのもいいでしょう。

 

働き方も、パート・正社員・派遣・アルバイトなど人によって様々です。施設によっては「週に数日の勤務にしたい。」「日勤だけの勤務にしたい。」などの要望に応えてくれるところもあり、実際に働く前に勤務時間・勤務日数などについてしっかりと話し合っておくことをおすすめします。

介護施設で働く保健師の給料

介護施設で働く保健師の給料は、その施設によってそれぞれ違います。働き方によっても大きく異なり、施設によって日払いや週払いが可能なところもあります。
介護士と比べると保健師のほうが同じ常勤でも、もらえる金額は高いです。

 

しかし、派遣会社から勤務に行っている場合には派遣会社の取り分として徴収されている分があり、働いた分がそのまま給料として出ないので多少安くなってしまいます。
可能であれば、派遣会社を通さず専門の紹介会社を利用したほうが収入がよくなるケースが多いです。施設によって資格手当て・休日手当て・夜勤手当て・家族手当てなど様々な手当てがある場合があり、働き方や資格によっても優遇されることがあるので、施設と事前によく話し合うといいでしょう。その他にも昼食が無料で支給されるなど、給料以外での待遇がよい場合もあります。

 

また介護報酬が2009年4月の改定後、3%アップされました。それによって1人あたり月額2万円アップすることになったのですが、現実には平均一人あたりの給料アップは約6000円となっています。実際に、国からは各事業所に2万上乗せされて支払われていますが、それぞれの事業所が赤字のため職員の給料に回せないといったところが現実です。

 

現在介護施設で働く人の給料は、その仕事の忙しさに比べ安いと言われています。退職の理由でも「給与が安い」というのが上位を占めているのが現実です。しかし、介護の仕事は利益を追求することを目的とした仕事ではありません。「割に合わない。」という人がいる一方で、「この仕事にはやりがいがある。」という職員もいます。利用者との触れ合いのなかで感謝されたり、自分という人格を認めてくれる人がいるということで、自分が誰かに必要とされる喜びを感じることができるようです。介護という仕事に対して、しっかりとした目標を持ち、やりがいを感じることが大切だと言えるでしょう。

介護施設で働く保健師と介護職員それぞれの役割

介護職員の具体的な仕事はその施設によって異なりますが、主に利用者の食事・入浴・排泄・衣服の着脱・移動などの生活全般の介助になります。
他にも、日誌を作成したり各種福祉機器の管理・看護業務の補助や掃除のようなものから、散歩をしたり買い物を援助したりもします。
それらの仕事は利用者にとって必要不可欠なものであり、全ての介護職員が行う仕事です。
そのような仕事以外にも、誕生日会やお花見などの行事・レクリエーションなど、スタッフが連携して計画から実施までを行う仕事もあります。
このような季節を感じられるイベント行事は、利用者をとても楽しませイキイキとさせることのできるものであり、職員と利用者の絆を深めたり、よりよい信頼関係を築くための素晴らしい仕事です。

 

保健師の具体的な仕事は、利用者の慢性疾患や持病などを把握し健康管理すること・施設全体の衛生管理など、利用者が安心して健やかに過ごすために欠かせない仕事です。
ほかにも、集団生活では危険性の高い感染病を防ぐために完全な感染病対策が求められます。
メインは利用者の元気の基盤である健康を管理するという仕事になりますが、もちろん看護介助業務も行います。
また利用者一人一人に個別のプログラムを作ることもあり、その場合はまず保健師の視点からその利用者にはどんなケアが必要か考えます。
その上で家族やスタッフとよく話し合い、細かいケアを決めていきます。

 

日本では近年高齢化が進み、それにつれて介護施設も増加の一途をたどっています。
介護職員も保健師も介護施設には欠かせない存在であり、高齢者の幸せな老後のために大切な役割を果たしています。
どちらも業務内容はそれぞれ違いますが、利用者に気持ちよく安心に健やかに過ごしてもらうということは同じです。
施設ではどちらの役割が欠けても成り立つことはありません。
一人一人のスタッフが自分の役割に自信と誇りを持ち、協力し合うことが一番大切と言えるでしょう。

介護ヘルパーと介護福祉士の違い

職場において、介護福祉士と介護ヘルパーの違いはあまり大きくはありません。基本的には介護福祉士がリーダーシップをとり、介護ヘルパーがサポートするといった形になります。

 

大きな違いは資格の種類が違うということです。

 

まず、介護ヘルパーは各都道府県がその資格を認めた公的認定資格です。1級・2級・3級とありますが、2009年から介護報酬の廃止が決まり現在は2級以上の資格を持っていないと就職できません。認定資格なので講習さえきちんと受ければ誰でも取得できる資格です。2級を取得すると、身体介護・家事援助を行えます。1級を取得すると、主任ヘルパーなどのサービス提供責任者として、後輩の育成指導や管理・訪問介護計画書の作成も行えるようになります。またサービス提供責任者は、訪問介護事業をする上で1人以上は配置しなくてはいけません。

 

そして介護福祉士とは国家資格なので、厚生労働省が認定する養成施設を卒業するか、国家試験に合格して資格を取得します。養成施設に入学するためには高等学校卒業以上か、それに準ずる者でなければなりません。国家試験を受けるには、実務経験が3年以上なければなりません。介護ヘルパーの資格と比べると取得が難しくなります。しかし、介護福祉士の国家資格を持っていれば、介護ヘルパーの資格を持っていなくても、1級の介護ヘルパーの資格を持っているものとみなされます。介護福祉士は、介護保険制度のもとケアプランを作成する「ケアマネージャー(介護支援専門員)」になるための資格の一つとしても位置づけられています。

 

資格の違いのほかに大きな違いといえば、給与面での違いです。介護福祉士の資格を持っているほうが職務手当てがつくこともあり、よりよい待遇を受けられることが多いです。近年では施設が介護ヘルパーよりも介護福祉士を優先して採用することも多くあります。そのため、保健師の資格をさらに活かして介護施設で働きたい方は介護福祉士の資格をとることも考えてみるといいかもしれません。

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師