保健師の採用率アップのコツ 「自己PR 編」

保健師の採用率アップのコツ 「自己PR 編」

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

保健師の採用率アップのコツ 「自己PR 編」

保健師であっても必ず面接を行ってから合否の発表が行われるのですが、面接官が重要視している点がいくつかあります。その中の1つが自己PRなのですが、自己PRがうまくできない人を採用したいと思う会社は滅多にありません。

 

特に保健師の仕事は、悩んでいる人や精神的にまいっている人のケアをするのがメインの仕事となるので、自己PRをうまくできない人が他人のケアをすることは難しいですし、保健師は看護師や医師のように医療技術を使ってケアを行うのとは違ってきます。近年ではストレス社会と呼ばれているので、以前よりもメンタルケアが重要視されていますし、更に保健師は健康に関するアドバイスや指導も行わなくてはいけません。

 

特に高齢化社会で高齢者の健康相談が増えていますし、介護で疲れてしまったことが原因でメンタルケアを行う人も増えているのです。相手を言葉によってケアすることと、自分のことを伝えることは違っていると考えている人もいるようですが、実際には全く同じことなので、しっかりと自分のことをPRできるように対策を練ってから面接に行かないといけません。

 

特に保健師の場合には看護師と違い、どこの職場でも人材が足りていないという訳ではなく、行政保健師と病院保健師は不足している傾向にあるものの、学校保健師と産業保健師は常に倍率が高くなっているのが現状なので、しっかりと自己PRをしておかないと、面接で勝ち残れなくなってしまうでしょう。

 

採用率を上げる方法としては、保健師以外の仕事に役立つ資格を取得することや、志望動機をしっかりと伝えることが重要になりますし、転職した場合には前の職場を辞めた理由などは必ず聞かれます。

 

しかし、志望動機をしっかりと答え、面接対策で資格を取得したとしても、自己PRがしっかりとできなれば不採用となってしまう可能性もあるので、やはり採用率を上げるためには自己PRがきちんとできていないといけません。中にはインターネットを調べて参考にする人もいるでしょうが、絶対に書かれている内容をそのまま発言してはいけませんので、参考にしても必ず自分の言葉で伝えるようにしましょう。

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師