保健師の採用率アップのコツ 「面接 編」

保健師の採用率アップのコツ 「面接 編」

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

保健師の採用率アップのコツ 「面接 編」

この職場で働きたいと思った場合には、連絡を入れて初めに行うことが面接になるのですが、筆記試験や適性検査を行うような職場も存在しているものの、保健師の場合には通常面接だけという場合が多くなっています。また、面接を行わないということは絶対にありえないので、必ず面接対策を行っておく必要があります。

 

まずは、聞かれやすい質問を押さえておくことが大切です。

  • なぜこの職場を選んだのかという志望動機
  • 今までどのような仕事をしてきて、どのような努力をしたのかという自己PR
  • そして転職する場合には、前の仕事は何で辞めたのかという質問

 

この3点はどこの職場に行ってもかなり高い確率で聞かれるので、しっかりと対策を練っておく必要がありますし、この3点だけしか質問されないということはありません。

 

他にも自分の長所と短所を聞かれることもありますし、今後の目標なども聞かれることがあるので、まずは質問されたことに対してしっかりと的確に答えられるようにしておくことが採用率をアップさせるコツだと言えるでしょう。

 

しかし、面接の時に聞かれたことを的確に答えられただけではまだ十分とは言えませんので、社会人としての常識が問われる部分もしっかりと確認をしておき、面接に備えておく必要があります。それは服装や髪形、女性であればアクセサリーなどにも注意する必要があるのですが、服装は男性であれば背広にネクタイで面接に行くのが常識ですし、女性であってもきちんとスーツを着用して行くのが常識です。

 

更に男性であれば長髪や髪染めは相手を不快にするだけではなく、悩みを解決する側としてはふさわしくありませんし、髭を伸ばしていると相手が怖がってしまう場合もあることから、髪の長さは常識の範囲内、黒髪で髭はきちんと剃っておきましょう。女性も同様で、髪染めやアクセサリーの過剰な使用、臭いの強い化粧品類などはよい印象を与えられませんので、誰でも簡単にできる見た目を重要視しない人は、面接で不採用となる可能性が高くなります。

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師