産業保健師 求人

企業勤務の産業保健師になろう! | 保健師求人.com

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

産業保健師の求人探しは転職サイトが必須

産業保健師とは、企業の医務室・健康管理室に配属され、会社に働く社員さんの健康管理を任される仕事です。

 

健康診断や健康促進に繋がるセミナーや行事を計画するなど、企業で働く社員の方の健康管理全般に関わります。責任のあるお仕事ですが、やりがいを感じるという声が多く保健師としてのスキルを活かせる場だといえます。

 

また、土日休み、夜勤なしで日勤のみケースがほとんどで、福利厚生、各種手当てなどが充実していているのも特徴です。さらに、収入面でも高収入の募集が多いことから、キャリアアップ志向の保健師さんから人気を集めているお仕事です。

産業保健師の求人がほとんど転職サイトでしか見つからないのはなぜ?

@殺到する応募を効率よく処理するため
A多くの保健師を抱える転職サイトを利用して良い人材を確保するため

 

上記の理由から産業保健師の採用情報は、ほとんどの場合、保健師向けの転職サイトの「非公開求人」として扱われます。インターネットなどで産業保健師の求人を探してみても全国で数件しか見つけることが出来ないのはこのためです。

さらに、産業保健師の求人はマイナビ看護師のような実績があり、一般企業からの認知度が高い転職サイトに掲載が集中しやすくなっています。

企業で働く産業保健師の仕事情報

勤務形態

企業カレンダーに準じるので、平日は日勤帯の勤務で土日休みの場合がほとんどです。基本的に残業はありません。

労働環境

企業の医務室や治験関連企業の職場は基本的に少ない人員で構成されています。業務内容も病院に比べるととても穏やかです。

給与

給料に関しては企業によって大きく異なりますが、平均して年収500万円程度の企業が多いです。しかし、国家資格保持者として優遇されますし、企業の場合、技術や働きに応じた昇給制度がしっかりしているので飛躍的なキャリアアップを実現することも可能です。

意外な魅力

企業によって異なる場合もありますが、病院勤務に比べて服装やアクセサリー、ネイルに関しての規則が厳しくありません。女性にとってはおしゃれを演出できるというのも嬉しい魅力です。

 

>>産業保健師の役割・仕事内容

企業で働く保健師の仕事いろいろ

企業で働く保健師の仕事でもっとも一般的で人気があるのは、一般企業の医務室や健康管理室で働く産業保健師の仕事です。従業員の健康管理全般を担うのが役目ですから、保健師としての経験や知識を直接活かすことができるので、働きも評価されやすく、キャリアアップにもつながりやすい仕事です。

 

その他に、あまり知られていませんが治験関連企業で働く治験コーディネーターや臨床開発モニターも保健師資格者が数多く活躍しています。医療資格を持っていなくても働くことができるのですが、新薬開発に携わる専門性の高い職種ですので、実際には保健師や薬剤師、臨床検査技師などの医療資格者がほとんどです。

 

>>産業保健師以外の企業保健師

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師