保健師のスキルアップ資格「保育士」

保健師のスキルアップ資格「保育士」

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法

保健師のスキルアップ資格「保育士」

保健師は保育園にも勤務することが可能ですが、保育園での仕事は常に保健師として働くという訳ではなく、子供たちと遊ぶのも仕事の内に含まれています。また、大半の保育園は保健師が1人しかいないので、保育士とのコミュニケーションがとても大切になるのです。

 

保育士というのは当然保育士の資格を取得した人でなければ仕事ができないので、もし保育園で保健師として勤めたいと考えているのであれば、保育士の資格を取得すればかなり高い確率で採用してもらえるようになるでしょう。しかし、保育士の資格を活かせる仕事は、保育園か託児所ぐらいとなっているので、保育園に絞って仕事を探す人向けの資格だと言えるものの、保育園で働くのであれば、保育士の資格ほど役に立つものはありません。

 

では、どのようにすれば保育士の資格を取得できるのかというと、厚生労働省が認定している保育関連の学校を卒業すれば受験資格を得ることができます。ちなみに4年制の大学を卒業すれば、自動的に保育士の受験資格を得ることができるので、保健師の資格を持っている人なら誰でも保育士の試験を受けることが可能です。

 

保育士の資格は2003年から国家資格となっているので、以前よりも試験内容が難しくなっているものの、しっかりと勉強していれば取れるということを信じて受験してみましょう。現在では保育士の資格を取るための準備会と称するセミナーを開催しているので、保育士の友人や知人がいれば聞いて見てもよいのですが、大半の人は友人や知人に保育士がいるとは限らないため、インターネットを駆使して色々と調べれば、勉強方法からセミナーの案内まで簡単に発見できます。

 

保育士の資格を取るには、筆記試験と実技試験があるので、勉強だけではなく保健師として色々と経験を積んでおいた方が明らかに有利です。保育士の資格では仕事先が限定されてしまうとはいえ、その分専門的な資格となっているので、万が一保健師の求人が出ていない時は、保育士として就職してしまうという方法も取れます。

保健師求人.com | 最短で好条件の募集情報を見つける方法


RSS購読 サイトマップ
産業保健師 学校保健師 病院保健師 行政保健師